【イギリス】ロンドンの金融街の目抜き通りにひっそりたたずむ個人経営のコーヒー店。

ロンドンの金融街シティの目抜き通りに、ひっそりたたずむ個人経営のカフェ、Wild & Wood Coffee。店名の由来はというと、店内に入ればすぐわかります。

教会で使われてたというアンティーク木目のテーブルと椅子。
教会で使われてたというアンティーク木目のテーブルと椅子。

このカフェの内装にはすべて昔教会で使われていたアンティークの木目のテーブルや椅子が使われています。

60−70年代の写真や古いポストカードがびっしりと飾られています。
60−70年代の写真や古いポストカードがびっしりと飾られています。
昔の新聞の切り抜きのディスプレイ。
昔の新聞の切り抜きのディスプレイ。

そして壁面にはびっしりと古そうな写真やポストカードが、そして足元にはアンティークのはかりや本などに混じって、ケーキやビスケットなどがむき出しに陳列されている、計算された雑多とも言えるワイルドな空間が広がります。

なぜか古そうなはかりが。コーヒーの計量に使われたのでしょうか。
なぜか古そうなはかりが。コーヒーの計量に使われたのでしょうか。
コーヒーのお供の焼き菓子。ドーナツや、ビスケット、スコーンやイギリス風甘ったるいケーキが雑然と箱のまま並びます。
コーヒーのお供の焼き菓子。ドーナツや、ビスケット、スコーンやイギリス風甘ったるいケーキが雑然と箱のまま並びます。

店内はたった6畳ほどの小さな空間。アンティークのテーブルは、4人席が2つ、2人席が4つ、1人席がひとつと狭い中にも効率よく座れるようになっており、外の喧騒から離れてリラックスしたコーヒータイムを楽しめます。

これがフラットホワイト。
これがフラットホワイト。
お砂糖は大きな容器に入れてあります。
お砂糖は大きな容器に入れてあります。

「ロンドンで一番おいしいコーヒー店」に選ばれたこともあるだけあって、Wild & Wood Coffeeのコーヒーは絶品。特におすすめは、Monmouth coffeeから取り寄せるこだわりの焙煎豆と濃厚なジャージー乳がつくりあげるFlat Whiteフラットホワイトです。

小さな小さな椅子たち。昔教会では膝まづいてお祈りするときの台だったと思われます。
小さな小さな椅子たち。昔教会では膝まづいてお祈りするときの台だったと思われます。
一人用の座席。
一人用の座席。

日本ではあまり馴染みのないフラットホワイトは、少し濃いめのカフェラテのようなもので、もともとイギリスの旧植民地であるオーストラリア・ニュージーランドで飲まれだしたコーヒーです。カフェラテやカプチーノに比べて使用する牛乳の量が少ないため、エスプレッソ本来の味も楽しみつつ、ベルベットのようにまろやかなクレマ(きめ細かくあわ立てたミルク)がエスプレッソの強い苦さを和らげてくれます。

所狭しと並ぶコーヒーの機械。
所狭しと並ぶコーヒーの機械。
ロンドンライフスタイル 賞を2012年に獲得しています。
ロンドンライフスタイル 賞を2012年に獲得しています。

Wild & Wood Coffeeのオーナーの性格は頑固な親父のよう。カフェイン抜きのコーヒーもなければ、ロンドンのカフェには最近は必ずある無料のWIFIも提供されていません。店内には、”No WIFI, talk to each other! (WIFIはありません。周りの人との会話を楽しみましょう、とのニュアンス)”と書かれていたり、”No decaf, No soy, Def No Syrups. God forbid Chai Latte(カフェイン抜き、豆乳はありません。シロップも絶対にありません、チャイラテなんて神に誓ってありません)とスタバに釘を刺しているようにも思える、クスリと笑えるメニューが飾ってあります。

オーナーの古い写真でしょうか。
オーナーの古い写真でしょうか。
メニューは黒板に手書き。
メニューは黒板に手書き。

イギリスといえば紅茶、と思う方がたくさんいると思いますが、金融街シティはとても国際的。純なイギリス人を探すのが珍しいくらい、ヨーロッパ各国はもちろんその他色々な国の人が働いています。シティのランチの後のブレイクは、紅茶よりもコーヒーが好まれる傾向にあります。

テイクアウト用の紙コップ、マドラー、コーヒー豆、焼き菓子やケーキ用のお皿など雑然と並びます。
テイクアウト用の紙コップ、マドラー、コーヒー豆、焼き菓子やケーキ用のお皿など雑然と並びます。

そんなシティの中心地にありながらも違う時代の空気が流れるWild & Wood Coffee。狭い店内では相席になる確率多し。隣のビジネスマンの会話が、何億ポンドもの企業買収の話だったりするのもユニークな土地柄ですね。

Wild & Wood Coffee(ワイルド&ウッド コーヒー)

住所:47 London Wall, London EC2M 5TE
電話番号:07525155957
営業時間:平日10:00~20:00、土曜10:00~15:00
定休日:日曜日
公式HP:http://wildandwoodcoffee.co.uk/

purplemoney

2001年よりロンドン在住。フランス・ノルマンディー出身の夫と結婚9年目。フルタイムに仕事をしながら、トライリンガルに育ちつつある息子(5歳)と娘(2歳)と暮らしています。イギリスとフランスをまたいで、ヨーロッパならではのゆとりある暮らしについて発信中。

コメント

*
*
* (公開されません)