【メキシコ】日本でも作れる!シナモンを入れて作るメキシコの伝統的なコーヒー

今まで飲んだことのない不思議なコーヒーに出会えるかも?!

フランスやスペインに行くと、どこのカフェに入ってもコーヒーが美味しいのは確か。でもメキシコには昔から飲まれているとても伝統的なコーヒーがあるんです。メキシコのモダンなカフェでは普通アメリカン、エスプレッソ、ラテ、カプチーノ、モカ、またはカプチーノフラぺやモカフラぺがメニューにあり、とても人気。でもメキシコの伝統的なコーヒーを飲みたいのであれば、メキシコ料理を提供するカフェやレストランに向かいましょう。きっと皆さんが今まで飲んだことのない不思議なコーヒーに出会うことができますよ。
ご紹介するメキシコのコーヒーの名前はカフェ・デ・オヤ(cafe de olla )。メキシコ人なら誰もが知っているメキシコの典型的なコーヒーです。このコーヒーはメキシコ全土で飲まれていますが、より親しまれているのが都会よりも田舎。田舎ではパーティーや冠婚葬祭、とにかく人が集まる時にはよくこのコーヒーが出されます。その理由の一つとして一回で大量に作ることができるから。そう、このコーヒー鍋で煮て作るんです。そして、味のキーとなるのが「シナモン」。

では、このカフェ・デ・オヤ日本でも作ることができるので作り方をご紹介しましょう。

こちらが必要となる材料です
こちらが必要となる材料です

材料:お好みの挽いたコーヒー、シナモンスティック、ブラウンシュガー
コーヒー3人分の作り方:
①4カップの水を鍋で沸騰させます。
②鍋に大さじ2杯のコーヒーとシナモンスティック1本を入れて5分ほど煮ます。
③3スプーン、またはお好みの量のブラウンシュガーを加え混ぜます。
④火を止めて、茶こしでこしてカップにいれて出来上がり。

ブラックで飲んでも、ミルクを入れて飲んでもよしです。メキシコではレストランに行くとシナモンスティックと一緒に、伝統的な土器のポットとカップでサーブされることが多く、朝食にカフェで甘いパンと一緒に食べるのが定番。シナモンスティックを使うので好き嫌いはありますが、シナモンが大丈夫という方ならきっと楽しんで飲んで頂けると思います。

お好みでミルクを入れても美味しくいただけます
お好みでミルクを入れても美味しくいただけます

コーヒーはアメリカンコーヒーのようにうすめ、でもシナモンとブラウンシュガーの風味が加わるので少しシナモンロールのようなあまーい匂いがします。シナモンが入っているので個人的にはブラウンシュガーは多めに入れたほうがおいしいと思いますが、そちらはお好みで!メキシコにご旅行の際には飲んでみていただきたいのですが、日本でも作れるのが嬉しいところですね。日曜日の朝食に甘いパンと一緒に、またはコーヒー好きのお友達が訪ねてきたときに、是非このカフェ・デ・オヤ日本でも親しんで飲んでいただければと思います。

メキシコ在住ライター。2009年よりメキシコ、カリブ海の美しい町、プラヤ・デル・カルメンに住んでいむす。メキシコは自然と文化がとても豊かな国。レアな情報を含めメキシコの魅力を現地からお伝えします。

コメント

*
*
* (公開されません)