【アメリカ】コーヒーマスターと巡るシアトルのコーヒーツアーがおすすめ!

スターバックスやタリーズを産んだ、コーヒーの聖地、シアトル。街中を1ブロック歩けば、いくつかのカフェが並んでいて、どこに入ろうか迷ってしまうほどです。
シアトルっ子はみんな行きつけのカフェを持っていますが、旅行者が自分好みのカフェに出会うのはなかなか難しいもの。そんな時に頼りになるのが、ガイドさんと一緒にまわるコーヒーツアーです。

新たなコーヒーに出会える、シアトルのコーヒーツアー

私たちが参加した「ROAD DOG TOURS(ロード・ドッグ・ツアー)」は、シアトルにあるコーヒーの中からその時のテーマに応じて、ここぞというお店を3軒選び案内してくれます。専用車に乗って移動するので、なかなか足を運ぶのが難しい郊外のコーヒー店にも行くことができるのもうれしい。

本日のガイドを務めるダスティンさん。車がビールなのはドラフトビールのツアーもあるから。コチラも行ってみたい!

今回のテーマは「焙煎」。ガイドのダスティンさんが3軒のカフェとそこで飲むべきコーヒーを紹介してくれました。

Caffe Appasionato

最初に向かったのはシアトルのダウンタウンから少し離れたBallard(バラード)にある「Caffe Appasionato(カフェ・アパショナート)」。バラードは全米屈指の港町。

ツタがカワイイ。店舗には焙煎工場が併設されています。

漁師さんたちが仕事終わりにカフェを楽しみに来るそうです。店内には焙煎工場が併設してあり、豆を購入して帰る人もたくさん。

さまざまな種類の豆がズラリと並んでいました。それぞれ細かく焙煎方法が分かれています。

ここでのおすすめは、カプチーノかカフェラテということで、カプチーノをいただきました。クリーミーな泡とコーヒーの味わいが絶妙。カプチーノやラテは、お店によっても特徴が出やすいと思います。

Caffe Appasionato(カフェ・アパショナート)

公式HP :http://www.caffeappassionato.com/

 

Café D’arte

次々とオーダーを仕上げていくスタッフ。職人技を見ているだけも楽しい。

次に向かったのはイタリア系のコーヒーの「Café D’arte(カフェ ダルテ)」。豆ごとに用意されたエスプレッソマシンがずらりと並ぶ光景は圧巻!

豆を変えたコーヒーの飲み比べ。味の違いが分かります。

豆の飲み比べとエスプレッソを楽しみました。コクと旨みが凝縮されていてガツンと美味しい。エスプレッソの方がコーヒーよりもカフェインが少ないそうです。

エスプレッソは炭酸水と一緒にが、本場のスタイル。

エスプレッソの横に添えてあるのは炭酸水。はじめに少し炭酸水を口に含んで口の中をさっぱりとさせ、コーヒーの味を引き立たせるんだそう。シアトルではスターバックスでも頼めば炭酸水を出してくれるそうです。日本でも導入してもらいたいですよね。

色とりどりのエスプレッソマシンがかっこいい!
Café D’arte(カフェ・ダルテ)

公式HP :http://www.caffedarte.com/index.php

 

CAFÉ UMBRIA

最後に向かったのは、現在3代目が経営している「CAFÉ UMBRIA(カフェ・ウンブリア)」。

シアトル市民に愛される歴史あるカフェ。

お店の造りが面白く、入り口を入って右側はエスプレットを飲むカウンターコーナー、左側はくつろぎながらカフェを楽しむスペースに分かれています。

見た目もキュートなエスプレッソコパンナ。

ここではエスプレッソの上にホイップクリームをのせた、エスプレッソコンパナをいただきました。まるでスイーツのような美味しさで、ツアーの締めにもぴったりでした。

CAFÉ UMBRIA(カフェ・ウンブリア)

公式HP :https://caffeumbria.com/pages/our-cafes

 

 

カフェに行ったらいつもはコーヒーを頼むことが多いのですが、ガイドさんのコーヒー談義を聞きながら、参加者みんなでコーヒーを飲み比べるのはとっても楽しい体験でした。シアトルのコーヒー好きと一緒に巡るコーヒーツアー、おすすめです!

 

ROAD DOGS TOURS(ロード・ドッグ・ツアー) アメリカ・シアトル

電話番号:(206) 249-9858
公式HP :http://www.roaddogtours.com/

【取材協力】

シアトル・ワシントン州観光事務所 http://www.visitseattle.jp/
コーディネーター Kyoko Matsuda

美濃羽佐智子

出版社勤務を経てフリーランスとなり、2011年から3年間をタイのバンコクで暮らす。エディター・ライターユニットTom☆Yamのメンバー。共著に『タイ行ったらこれ食べよう!』(誠文堂新光社)ほか。

コメント

*
*
* (公開されません)