【ドイツ】ボナンザ・コーヒー(Bonanza Coffee)ベルリン・サードウェーブコーヒーの先駆け的存在

ベルリンのサードウェーブコーヒーブームはここから始まった!

ドイツのコーヒー消費量は世界でもトップクラス。フィルターコーヒー発祥の地でもある、知る人ぞ知るコーヒー大国です。ドイツ人はほんとうにコーヒーが大好きで、朝食時や3時のおやつの時間はもちろん、オフィスで仕事中にも一日中コーヒーが欠かせないという人が大勢います。そんなドイツにも数年前から、いわゆる「サードウェーブ・コーヒー」の波が押し寄せてきました。ブームの中心地となっているのは、やはり首都ベルリン。もともとベルリンはカフェの多い街ですが、最近はスペシャルティコーヒーに特化したおしゃれなカフェの出店が目立っています。

いまやサードウェーブ系のメッカともいえるベルリンには、世界中からコーヒー好きが集まる有名店がいくつもあります。そのなかでも真っ先に名前が挙がるのが「ボナンザコーヒーBonanza Coffee」。まだブームになる以前の2006年にオープンして以来コーヒーにこだわり続けている、ベルリン・サードウェーブ系の先駆け的存在です。2016年クロイツベルク地区にできたかっこいいロースタリー&カフェも話題となっていますが、1号店となるコーヒーショップがあるのはベルリンのおしゃれ地区プレンツラウアーベルクの中心に位置する、ショップやカフェが並ぶオーダーベルガー通り。地元住民から近所のショップで働くスタッフ、観光客まで幅広い層に人気で、近くのマウアーパーク(壁公園)で大規模なフリーマーケットが開かれる日曜ともなると、店の外まで人があふれかえるほどの賑わいです。

おしゃれスタッフによる”コーヒーショー”は一見の価値あり

同店では世界各地の農園から選び抜いてフェアトレードで仕入れたコーヒー豆を自家焙煎。その豆を使って一杯ずつ丁寧にドリップするスペシャルティーコーヒーがいただけるほか、美しいラテアートを描いてくれるカフェラテも人気です。店内でひときわ目立っているのが、オープンキッチンならぬオープンコーヒースタンドでスタッフたちがコーヒーを淹れる姿。これだけでも一見の価値ありのもの。そのおしゃれっぷりと華麗な手さばきはまるでステージ上で繰り広げられる美しいショーのようで、思わず見入ってしまいます。その評判はドイツ国内にとどまらず、海外からもコーヒー愛好家が訪れるほど。国内外でワークショップを開催するなど世界中でファンを増やし続けています。

ベルリーナーには外の席が人気
店内の奥の部屋は落ち着いた雰囲気

自家焙煎のコーヒー豆は店内やホームページから購入することも可能で、ボナンザのオリジナルブレンドのほかドイツのコンテストで優勝したシングルビーンズなど好みや用途に合わせて選べます。味もさることながらパッケージも素敵なので、こだわりのある友人へのベルリン土産にすると喜ばれることうけあいです。

美しいラテアートのカフェラテも人気

Bonanza Coffee(ボナンザ・コーヒー)

住所  :Oderberger Str. 35 10435 Berlin(1号店)
営業時間:月~金曜8:30~18:00、土・日曜10:00~18:00
定休日 :なし
公式HP :http://www.bonanzacoffee.de/

坪井 由美子

在独食いしん坊ライター。各地を取材で飛び回り、観光地から穴場のおもしろスポット、ライフスタイルまでリアルなドイツを発信中。オールアバウトのドイツサイトを担当する他、欧州の食文化についても寄稿多数。

コメント

*
*
* (公開されません)